天然とんこつラーメン一蘭について!メニューや値段、店舗のまとめ!

天然とんこつラーメン一蘭について

天然とんこつラーメン一蘭は1960年に屋台双葉ラーメンとして創業しました。

その後店主の体調不良によって一時閉店となりましたが常連客の除名嘆願によって現在の代表である吉富学氏が味を引き継ぎました。

現在の一蘭の最大の特徴である「味集中システム」を初め多くのアイデアがこの吉富氏によって生み出され一蘭は今や世界的にも有名なラーメンチェーンとなっています。

一蘭の店舗は現在、日本だけでなく海外にも進出しており、香港、アメリカ、台湾店を含めると全国に70店舗以上展開しています。

香港や台湾店では常に大行列となっていて入店するまでに2~3時間並ぶものザラだという事です。

一蘭のメニュー

一蘭では店舗限定のメニューがあるものの基本的なメニューは「ラーメン」一種類となっています。

ラーメンの値段は地域や店舗によって異なる場合もあるのですが基本的にはラーメン1杯890円となっています。

豚骨ラーメン1杯の価格としてはかなりお高めですが、その分麺やスープにかなりのこだわりを持っているそうです。

またトッピングや替え玉、サイドメニューの種類と価格は以下の通りです。

※一部店舗によって異なります。

  • 替玉 190円
  • 半替玉 130円
  • 追加チャーシュー 180円
  • 半熟塩ゆでたまご 120円
  • 追加ネギ 120円
  • きくらげ 120円
  • のり 80円
  • 追加にんにく 120円
  • オスカランの酸味 80円
  • ごはん 250円
  • 小ごはん 200円
  • 抹茶杏仁豆腐 390円
  • 脂解美茶 250円
  • 生ビール 580円

一蘭は高い!という方も多いのですが、確かに替え玉1玉190円、ごはん一杯250円は一般的なラーメン屋さんと比較しても割高という印象です。

一蘭の注文方法

一蘭でラーメンを注文すると専用の用紙が配られ以下を指定することでオリジナルのラーメンが提供されるようになっています。

  • 味の濃さ(うす味・基本・こい味)
  • こってり度(油の量:なし・あっさり・基本・こってり・超こってり)
  • にんにくの量(なし・少々・基本・1/2片分・1片分)
  • ねぎの種類(なし・白ねぎ・青ねぎ・ミックス)
  • チャーシューの「あり」か「なし」
  • 秘伝のたれの量(なし・1/2倍・基本・2倍・記入式)
  • 麺の堅さ(超かた・かため・基本・やわめ・超やわ)

またテーブルごとが1席ごとに壁で仕切られているのが特徴でこれを「味集中システム」と呼びます。

一蘭ではラーメンが提供される際も店員さんとの間に壁が有るので、店員さんとお客が顔を合わせることもありません。

まさに目の前の一杯にだけ集中できるシステムだと言えるでしょう。

替え玉は事前に食券を購入しておいてもその場で現金でも注文できるのですが、各席に取り付けられている替え玉ボタンを押すだけで替え玉が用意されるようになっています。

一蘭の店舗

現在日本だけでなく、世界にも進出している一蘭の店舗ですが、一蘭の公式HP内に店舗一覧が掲載されているのでぜひチェックしてみて下さい。

参考/一蘭の店舗情報

[記事内広告]